うちの三尺の童子

アホ男子と中2病女子の子育て てんてこまい物語

ようこそ!三尺の童子へ

タイトルの「三尺の童子」は、背丈から6〜7歳の子供をさします。
まさに、息子がこの年頃! 何で、こんなんなの?と、男の子の
子育て本を何冊か買った頃、テレビで「ツイッターで人気のアホ男子」
特集を見ました。

うちの子だけじゃないんだ!!というのは何と心強いことか
とっても、気が軽くなりました〜

ちなみに、アホ男子力ピークは6歳! はい!今でしょ〜


カテゴリの「恙あり!」は、結婚式などでよく聞く
「田中家と山田家の結婚の儀が恙無く(つつがなく)執り行われ〜」
の恙なのですが、漢字の意味を調べたら
上の羊が、痒(=瘍)の意味を持っていて「心にわだかまりがない」という意味でした。


息子がやんちゃして、先生や保護者から指摘されるたびに、心にわだかまりが・・・
それが、大した事でも無かったりしても、心にひっかかる。
顔に、オデキやニキビが出来て気になる感じと、ジャストフィット!
何か言われて気に病んでても、「ニキビと一緒か!」と思えば気持も切り換えられるし

それで、つつがなく 転じて つつがあり にしました。


娘が小さい時は、イラスト書いて、みんなにFAXしてました。
クリアファイルに入れてとってあるんだけど、二人とも自分の小さかった時の話は
大好き! この、ブログもいつか読ませてあげようと思う。

しかし、今はまだ思春期反抗期中2病期!
本人たちには、くれぐれも内緒にしておいて下さい

広告を非表示にする