読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちの三尺の童子

アホ男子と中2病女子の子育て てんてこまい物語

どっちが カサンドラ症候群なんなんだか、、、。

「ママって 学校で 頭良いレッテルはられてるよ」と娘が最初に言ったのは、彼女が小学校高学年の頃。

いやいや レッテルって、ネガティブに使うもんですから〜
 
「お前のかーさん 塾の先生だろ」
「お前のかーさんが 頭良いもんな」
 
と、娘がテストで100点とる度に言われたらしい。
 
「ママなんて、勉強できないじゃん」と 娘。
ハイ そのとーり
 
「私が勉強して 良い点とったのに、ママのおかげにされてるのが、納得いかない 」と、娘 悔し泣きしてた。
それって 私に責任あるか?
 
そして、17になった 今 また 言い出した。
 
「私 まじ カサンドラ症候群だわ!」と娘。
 
「ママ 頭 おかしい。厚顔無恥過ぎる。空気読めな過ぎ。いきなり性格変わり過ぎ。近づいたら危険だってオーラがすごすぎる。なのに、"そうは見えないよ。先生やってるんだから しっかりしてるはず"とか 言われるのが、マジ ムカつく。ママ 外面 良すぎる。ほんっと カサンドラ症候群だわ-」× 10
 
ソトズラって… 私が誰に対しても 同じ口の利き方するから、敬語使えって 言ってくるの娘の方なんですけど。だから、「私は 誰に対しても、ほぼほぼ 一緒だと思うけど」って、娘に反論してみた。
 
娘、そこは納得した。
 
では、何が問題なのか?
 
「英語の先生」に対する 世間のポジティブなレッテルはりや偏見により、娘の私に対するネガティブな意見発言が否定されることなんだそーだ。
 
娘 曰く「信じてもらえない」
 
いつから 私はおかしくなったのだろう?
夏から…だって。
原付買ったあたりじゃん。
バイクも買っちゃったし。
あれ? 私 本当におかしくなったのか?
 
「パパー 私って 頭おかしくなった? なんか変?」と聞いてみた。
 
「別にー。昨日(←日曜日)は すごく変だったけど、もう元に戻ってる 笑」とパパ。
 
「昨日 変だったか?」と息子。
 
パパ「お母さん すっごい 落ち込んでたじゃん。わかっとらんかった?」
 
息子「しらーん」
と言い、横を向いて 「別にきょーみねーし」と小さくつぶやいた。
 
母って、母って、、、。あーぁ、、。