読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちの三尺の童子

アホ男子と中2病女子の子育て てんてこまい物語

言葉の意味を 言葉の通りに 理解しているつもりなんだろうけど、なんで こうも 乖離していっちゃうんだかなぁ〜

いやぁ 息子の言うことにゃ
登下校の指導をする分団の先生が、とてつもなく しつこい そうな。何がそんなにしつこいか 聞いてみた。

「同じコトを 何度も何度も言ってくる」と息子。
同じコト?

「命を大事にしろって しつこい!そんなこと 言われんでも分かっとるわ!! お母さん 知ってる? 自分で死ぬって すごい勇気がいる。勇敢じゃないと 自分でなんて死ねんしっ!」と ご立腹。

「あの… 命を大事にしろって、、間違って 車にぶつかって 死んだらいかんよってことじゃないかな。 間違って車にぶつからないように、ふざけて道を歩いとっちゃいかんって 意味じゃない?」と私。

「それなら わかる。だったらそう言えばいいじゃん。ふざけて歩くなって。命を大事にしろって言うから 分かっとるわ と思う。あっ お母さん 世の中の人って オレたちに そこまで 考えられるって思って 言いたいことと違うこと言って 試したり アンダカコンダカ・・・・」と勘ぐる息子。

いやぁ 試してはないと思うけどね〜
ってかさ 「オレたち」って …私を含めないでくれるかな。