うちの三尺の童子

アホ男子と中2病女子の子育て てんてこまい物語

娘!! 生命の深淵に触れた 社会見学

娘が小学2、3年生の頃である。学校の「生活」の授業で、学校近くの商店やスーパーに社会見学に出掛けた時のこと

娘は、店先でウナギをおろしている店主(たぶん)に遭遇した。

パパが釣りをするので、魚をさばくことには抵抗はない。
ところが、店主はウナギをさばきながらこう言ったのだ!

「ほら まだ生きてるよ(^◇^)」

娘が言うには、開かれてもなお くねくねと動いていたらしい。

「あれって 生きてるのかな~」と、幼い娘に聞かれた。

心臓や、頭がなくっても しばらくは生命活動は維持するわけだ。細胞は生きてるんだね。でも それって ウナギ生きてるって言うのかな?

f:id:kazuko-9195:20140730110256j:plain

私には、生きてる基準が分からない(@_@;)

今 ヨーロッパでは 医療費削減のため「生きている基準」について議論されているらしい。そんなニュースに触れるたび、高校生になった今でも その時のことを思い出して言うのだ。

「あれって 生きてるのかな~」

娘にとって 最高に勉強となった社会見学
今度は息子の番だ!
奴にはなにが見えるのかしら 

広告を非表示にする