うちの三尺の童子

アホ男子と中2病女子の子育て てんてこまい物語

上げて下げて上げて下げて・・・今は奈落の底

北斗の拳」第一次世代の私は、my face に黒く輝く ホクロ七星も
そこまで気にすることなく大きくなった、どっかの悪がきに
「ダルメシアンとからかわれるまでは!!

うちの悪ガキも、最近気になりだしたらしくチクチク言ってくるようになった。
昨日も・・・
「お母さんのニキビ(ホクロのこと)も、ぴりってとって、誰かにうつしちゃえば
なくなるんじゃない?」と、息子。
こぶとりじーさんかってーのっ

「このホクロが無くなれば、ママ、美人になるかな〜」と、母。

「ホクロあっても、美人じゃん」と、間髪いれずにパパが割って入った
えーそんなふうに、思っててくれたなんて知らなかった〜

パパは話を続けた。
「今度会社の泊まりでの親睦会があるから。その前の日、遠くからの人が
うちに泊まるから・・・」
な〜んだ 美人って言ったの、ただのリップサービスじゃん

話はまだあった・・・
「前、うちに泊まったことある奴なんだけど、(奥さん綺麗ですよね)って言ってた」
いや〜あん 他人の奥さんのこと「いまいちですよね」とは、言わないだろうけど
嬉しいじゃ〜ん

まだ続く・・・
「美人てったって、あれ、何年前よ?すごーーーい前だよね!」
なななにそれ? へたに美人なんて言われちゃって、今の私を見られるのが
恥かしいって顔、バリバリしてるんですが


話変わって
今日は10年以上ぶりのテスト受けた。
受験番号順に座るなんて知らずに陣取っていたら、若い男の子に
「ここ、僕の席ですが・・・」と、言われちゃった。

帰りの電車では、出来の悪さに放心状態
電車が揺れた時、思わずよろめき、若い女の人のおひざに座ってしまった!

絶対単語の勉強すると心に決めた電車ん中
ブログとFBをどうやってリンクさせるか研究してるうちん中

あまちゃんだろ〜

広告を非表示にする